/

この記事は会員限定です

情報流出、国への不信映す

[有料会員限定]

中国漁船衝突事件のビデオ映像流出は、米国などで大きな問題となっているインターネットを使った機密文書・映像の「内部告発」が日本でも脅威となっている現実を見せつけた。

情報の流出・告発は、ネットの普及によってその「威力」が飛躍的に高まった。対応策は情報管理の徹底に尽きるが、ネットの進展に制度が追いついていない側面もある。法令の整備から職員の意識まで、ネット時代に対応した情報管理体制の構築が求められる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン