/

この記事は会員限定です

単館上映主流の「ライト・アニメ」躍進

「オタク」層超えファン拡大

[有料会員限定]

 ライトノベルなどが原作の"ライト・アニメーション"映画が躍進している。質の高い作品群が「オタク」以外の映像ファンにまで観客層を広げた。大手の制作会社も熱い視線を注ぐ。

ライトノベルやコミックを原作にした「オタク」向けの「ライト・アニメーション」とでも呼べるジャンルがある。単館上映が主流のため数千万円規模の興行収入にとどまり、DVDなどの販売で採算を合わせてきた。この作品群に今年、地殻変動が起きて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン