日本の競争力24位に上昇 スイスIMD調査 アベノミクス評価 中長期的には「負け組」

2013/5/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

スイスの有力ビジネススクールのIMD(経営開発国際研究所)が30日発表した「2013年世界競争力年鑑」で、日本は総合順位を前年より3つ上げて24位だった。積極的な金融緩和や財政出動で経済活性化を狙う「アベノミクス」を評価した。ただ、中長期的な評価では、過去に比べて大幅に順位を下げている日本を「負け組」に分類した。

日本は分野ごとの順位で「国内経済」が19位から5位に、ビジネスの「生産性・効率…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]