欧州流通、値下げ消耗戦 カルフールやテスコ 節約志向にらみ 海外縮小、国内に集中

2014/7/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

欧州のスーパーで価格競争が加速している。世界大手のカルフール(フランス)や英テスコは海外事業を縮小し、国内の競合対策で値下げを断行。新興勢力などにおされ気味の英国4位のモリソンズやベルギー大手のデレーズは人員削減を決めた。欧州債務危機は沈静化したものの消費者の節約志向は根強く、消耗戦の様相を呈している。

「2千品目で最低価格を保証します」。スイスとの国境に近いフランス東部のセニー村で、カルフール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]