独仏、戦略で対立鮮明 EU首脳会議
メルケル氏、妥協にらみ静観 オランド氏、成長路線へ包囲網

2012/5/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

24日未明に終わった欧州連合(EU)首脳会議は、成長重視をひっさげて初登場したフランスのオランド大統領の独壇場だった。ユーロ圏の共同債を巡ってドイツのメルケル首相と衝突し、ギリシャ危機への対応でも温度差をみせた。欧州の政治力学変化は、選挙など内政事情の裏返し。ユーロ動揺のさなかで続く綱引きに世界や金融市場の厳しい視線が向かう。

動のオランド、静のメルケル。両首脳は対照的な姿をみせた。

就任9日目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]