/

この記事は会員限定です

ロンドン名物タクシー苦境

製造会社が破綻

[有料会員限定]

【ロンドン=松崎雄典】ロンドン名物で60年以上の歴史がある黒塗りタクシー「ブラックキャブ」が苦境に立たされている。製造会社の英マンガニーズ・ブロンズ・ホールディングスが経営破綻。管財人は事業継続を目指して再建手続きに入る事態に陥った。メルセデス・ベンツなどとの競争で赤字が続いたところに、大規模なリコール(回収・無償修理)が重なり、資金繰りが行き詰まった。

今月12日、中国から調達するステアリングボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り239文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン