/

この記事は会員限定です

混迷8年超、イラク戦争終結

「新世界秩序」妄信の果て 米ブッシュ政権、野心と功名争い

[有料会員限定]

9年近くに及ぶイラク戦争は米軍の最後の部隊が23日に米本土に帰還し、完全終結した。フセイン独裁体制は打破したものの中東情勢は混沌としたままで、米国民に戦勝気分はない。どこで針路を誤ったのか。最大の要因は「新世界秩序」構築という当時のブッシュ大統領が描いた大きすぎた夢にある。功名を争う側近たちがバスに乗り遅れまいと熟慮なき決断を後押しした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン