/

この記事は会員限定です

EU、一方的に開放迫る

自動車関税を「人質」に強気

[有料会員限定]

デフフト委員の発言には、日本に一方的に市場開放を迫るEUの姿勢が色濃く映る。一貫して強硬な態度を採るのは、日本が求め、EUが渋々応じる形でEPA交渉が始まったためだ。

自動車や電機などの分野で日本と競合する韓国は、既に2010年にEUと自由貿易協定(FTA)を締結済み。韓国製品を対象にEU側の関税撤廃が進み、16年には自動車関税はゼロとなる。日本車には10%と高い関税が課せられたままだ。

価格競...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン