/

この記事は会員限定です

米ゼロ金利を当面継続

FOMC、量的緩和の来月終了確認 出口戦略の大枠提示

[有料会員限定]

【ワシントン=矢沢俊樹】米連邦準備理事会(FRB)は17日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和第3弾(QE3)の追加証券購入を10月28~29日に開く次回の会合で終える方針を確認し、出口戦略に関する大枠を提示した。イエレンFRB議長は記者会見で、QE3終了後のゼロ金利政策解除について「経済データ次第だ」と述べ、慎重に利上げ時期を判断する姿勢を改めて示した。(関連記事総合面に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン