米大統領、シリア反体制派に武器供与承認 化学兵器使用を確認

2013/6/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=吉野直也】米政府は13日、シリアのアサド政権による化学兵器の使用を情報機関の分析に基づいて確認したと発表した。オバマ大統領は化学兵器の使用を「レッドライン(越えてはならない一線)」と繰り返してきた。米メディアはオバマ氏がシリア反体制派への武器供与を承認したと一斉に報じた。

ローズ大統領副補佐官は13日、アサド政権が昨年、反体制派を弾圧するため猛毒ガスのサリンを含む少量の化学兵器を複…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]