2019年4月24日(水)

生命科学「型破り」の一歩
新万能細胞、先入観ない若手が成果 理研、実績より独創性重視

2014/1/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

理化学研究所などが新しい「万能細胞」を作り出した。普通の細胞を弱酸性の液体に浸すだけで、iPS細胞のように様々な臓器や組織に育つ。専門家が驚く「STAP(スタップ)細胞」を生んだのは、博士号を取って3年という30歳の女性研究者だ。その背景には、先入観のない柔軟な発想と、若手を抜てきする理研の風土という2つの「型破り」があった。

「25年近く生命科学の研究をしてきたが、こんなすごい成果は初めてだ」…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報