4期科技計画案、25兆円投資を明記 科技会議が答申、GDPの1%

2010/12/24付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

政府の総合科学技術会議は24日、来年度から5年間の科学技術政策の基本指針となる「第4期科学技術基本計画案」を菅直人首相に答申した。政府の科学技術関係予算を国内総生産(GDP)比1%とし、5年間で合計25兆円を投じる目標を明記。対象分野も温暖化をはじめとする環境問題や医療・介護などの健康問題の解決につながる研究を最重視した。政府は来年3月末までに閣議決定する。

計画案の対象は2011年度から15年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]