/

この記事は会員限定です

口蹄疫の拡大続く

日向・宮崎市でも感染疑い 感染経路の特定進まず、封じ込め難しく

[有料会員限定]

宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の感染拡大が止まらない。農林水産省は10日、動物衛生研究所が実施した遺伝子検査で同県南部、都城市での牛の感染を確認。同日夜には宮崎市と日向市でも初めて感染疑いのある家畜が見つかったと発表した。政府は防疫対策を一段と強化する方針だ。(

関連記事を社会2面

新たに口蹄疫に似た症状が出たのは宮崎市の豚3頭と日向市の牛3頭。それぞれ市内の1カ所の農場で、近く同じ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1297文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン