/

この記事は会員限定です

iPS細胞で膝関節再生

東大、ブタの実験で成功

[有料会員限定]

東京大学の星和人特任准教授と高戸毅教授らは、iPS細胞そのものを移植して、膝関節を再生する実験にブタで成功した。人間のiPS細胞などを関節の欠損部に入れると、約1カ月後に軟骨と骨ができて、正常に歩けるようになった。5年後をメドに京都大学iPS細胞研究所(所長・山中伸弥教授)と共同で、骨がすり減る変形性膝関節症などの治療研究を始めたい考えだ。

iPS細胞を使ってブタのような大きな動物で膝の関節を再生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン