確定拠出年金 普及期に
14年度、富士通など導入 加入者500万人へ

2014/1/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の企業年金の中で確定拠出年金(日本版401k)が本格的な普及期に入る。4月以降、富士通やNTT、全日本空輸など大企業に導入が広がる見通しで、全国の加入者数は2014年度中にも500万人に達する公算が大きい。株価上昇などで資産運用の環境が好転、企業側も年金負担の軽減を狙った改革に踏み出しやすい。確定拠出年金の普及は、貯蓄から投資へ向けた家計の流れを後押しする。同時に金融商品の理解を深める投資教…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]