企業年金、株から債券へ
安全重視、NTTは37%に 運用利回り低下の恐れ

2012/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日立製作所やNTTなど主要企業の年金が、株式での運用を減らす一方で債券などへの配分を増やしている。将来の給付に必要な資産が不足するなか、価格変動リスクを避ける狙いだ。運用不振が財務悪化に直結するよう企業会計基準が変更されることも背景にある。ただ必要とする利回りに届かない状態が続くようなら、企業の負担拡大や給付削減などにつながる可能性もある。

日立は2012年3月期に、約1兆3000億円の年金資産…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]