/

この記事は会員限定です

中国リスク、市場揺らす

銅が急落、日経平均393円安

[有料会員限定]

中国経済の先行き警戒感が市場を揺らし始めた。中国で信用収縮への懸念が広がりつつあり、投機的な取引に使われていた銅や鉄鉱石の価格が急落している。株式市場でも12日は日経平均株価が393円安となったほか、アジアや欧米株でも売りが先行。ウクライナ情勢なども重なり、新興国リスクが世界の市場に影を落としている。(関連記事経済面に

中国リスクが顕在化したのは商品市場だ。中国では工業品などの実需だけでなく、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン