ソニー、テレビ分社 5000人削減、パソコン売却 今期赤字1100億円

2014/2/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソニーは6日、テレビ事業の分社やパソコン事業の売却などを柱とするエレクトロニクス事業の再建策を発表した。リストラに伴い国内外で約5000人の人員を削減。スマートフォン(スマホ)やゲームなどに経営資源を集中し、事業再生を急ぐ。一連の構造改革に伴う費用計上や販売低迷で2014年3月期は1100億円の連結最終赤字と2年ぶりに赤字になる。(関連記事総合2、企業2面に

「VAIO(バイオ)」ブランドで展…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]