お金って汚い? 教育の空白、1500兆円眠らす 第5部 市場再生への道(4)

2013/2/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「お金ってきれいなものですか、それとも汚い?」

投資教育を手がける岡本和久(66)は全国の中学校や高校を回るたびに同じ質問をする。これまで約500人の生徒のうち8割弱が「汚い」と答えた。

知識なく痛い目

経済の血液であるマネーを循環させ社会を豊かにする。金融や投資のそうした意義を、学校で教わる機会はほとんどない。一方、財テクの失敗や詐欺などのニュースを通して、お金の悪いイメージは増殖する。「子ども…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]