/

この記事は会員限定です

5兆円経済対策、使途自由枠を拡大

税収増で

[有料会員限定]

政府は消費増税に向けて12月上旬にまとめる5兆円規模の経済対策で、使い道が自由な部分を当初想定の約2兆円から3兆円台に増やす方針だ。企業業績の回復などを背景に税収が想定よりも増えるためだ。各省庁の要求が勢いづくのは確実で、歳出の歯止めが緩くなる恐れもある。

政府は10月1日に5兆円規模の経済対策をまとめる方針を公表した。この時点で財源には昨年度決算の剰余金や復興財源の使い残しなど約2.8兆円、国債...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン