待機児童の解消遠く 潜在数300万人超す
民間推計、厚労省の想定上回る

2012/11/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

民主党が2009年衆院選のマニフェストに掲げた「待機児童の解消」が進まない。民主党が政権をとってから今年にかけて保育所入所を申し込んでも入れない児童は2%の微減で、総数は2.5万人前後で高止まりしている。厚労省の想定を大幅に上回る300万人超の潜在的な待機児童がいるとの民間推計もあり、見かけの数字より保育施設不足は深刻だ。

4月時点の待機児童は、民主党が政権を獲得した09年には2万5384人だっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]