/

この記事は会員限定です

再生エネ、耕作放棄地で

農水省、発電施設向け集約しやすく

[有料会員限定]

農林水産省は、農地でありながら実際には農業に使っていない耕作放棄地に太陽光や風力などの発電施設をつくりやすくする制度をつくる。点在する耕作放棄地を集約する手続きを容易にして、そこに大規模な太陽光パネルなどを設置できるようにする。再生可能エネルギー発電を促進するとともに、その利益を農村振興につなげ、荒廃農地の縮小も狙う。

農水省は、この制度づくりのため、24日召集の通常国会に「農山漁村における再生可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン