/

この記事は会員限定です

制度のひずみも問題の背景に

[有料会員限定]

「厚年基金には損が出せないと思った」と浅川被告は損失隠しの理由を語った。運用成績の虚偽報告は許されないが、日本の年金制度のひずみも問題の背景にある。

日本の年金は、受給者に一定の利回りでの支払いを約束する確定給付型が中心。運用成績が予定利回りを下回ると、年金の財政が悪化する。

1990年代初めに問題化した証券会社による損失補填の相手先にも年金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン