/

この記事は会員限定です

特許出願先、日本は劣勢

昨年4%減、首位・中国と差拡大 審査期間の短縮急ぐ

[有料会員限定]

国内外の企業、大学、発明家などが特許の出願先として日本を選ばなくなっている。主要5カ国・地域の2013年実績では、日本での出願件数は前年比4%減の32万件(暫定)で3位だった。首位の中国は同26%増の82万件と日本の2.5倍に達し、差が広がっている。企業などが中国市場でのビジネスを優先している結果とみられ、政府は審査期間の短縮などでテコ入れを急ぐ考えだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン