2019年3月27日(水)

低い新人の定着率 情報開示で離職抑制

2012/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厳しい就職活動をくぐり抜けても就職先に定着できない若者は多い。事前に企業の情報を十分得られなかった可能性もあり、離職を抑えるためにも就活のあり方を見直す必要がありそうだ。(1面参照

厚生労働省がさきごろまとめた大卒3年目の離職率は全産業平均で約3割に上る。業種ごとの差は大きく、教育業や宿泊・飲食サービス業では約5割に達する。1年後の時点でも4人に1人が辞めている。

サービス業は軒並み高い離職率…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報