公的資金で製造業支援 工場・設備買い取り
官民、5年超で1兆円 補正に計上へ 新たな投資促す

2012/12/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は電機メーカーなどの競争力を強化するため、公的資金を活用する方針を固めた。新法制定でリース会社と官民共同出資会社をつくり、工場や設備を買い入れる。企業の過去の投資に伴う負担を和らげるのが狙い。技術革新が速い半導体や液晶パネルなどをつくる企業が手元資金を増やし、機動的に新たな設備投資をできるようにして次世代の成長基盤固めにつなげる。(関連記事総合・経済面に

政府は5年以上かけて官民共同出資会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]