/

この記事は会員限定です

みんな党内に衝撃 8億円借り入れ問題

渡辺代表、引責辞任は否定

[有料会員限定]

みんなの党の渡辺喜美代表は27日、国会内で記者団に、化粧品通販大手のディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長から選挙前に計8億円を借り入れていたことを認めた。個人としての借り入れで「違法性の認識はない」と強調し、引責辞任を否定した。ただ巨額の借金の使途についての詳しい説明はなかった。オーナー色の強い党首の資金問題は同党内に衝撃を与えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン