/

この記事は会員限定です

格差・未納 税方式で緩和

[有料会員限定]

年金の保険料は法律で支払いが義務づけられているのに、フリーターや自営業者らが入る国民年金の未納率は40%を超えた。日本経団連と経済同友会、連合が図らずも基礎年金消費税方式への移行を唱えているのは、制度の空洞化を今の保険料方式のままで解決するのは難しいとみているためだ。

税方式にはもうひとつ「利点」がある。高齢者もその消費活動に応じて払う消費税で賄うので、今の年金に内包される世代間の格差をいくぶん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン