スマホ普及、日本は53%「ガラケー」なお存在感 シンガポールは93%

2014/7/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

総務省が15日に発表した2014年の情報通信白書によると、日本のスマートフォン(スマホ)の保有率は3月時点で53.5%にとどまり、約9割に上る韓国やシンガポールなど調査したほかの5カ国より低かった。日本では従来型の携帯電話(ガラケー)が高機能に進化したため、現在も一定の支持を得ている。

日本、米国、英国、フランス、韓国、シンガポールの6カ国の各千人にアンケート調査をした。スマホの保有率はシンガポ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]