2018年7月17日(火)

合併審査、「東アジア」でも判断 公取委新指針、国際シェア重視 市場縮小なら容易に

2011/6/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 公正取引委員会は14日、企業合併の新たな審査指針(ガイドライン)を公表した。企業の国際競争力強化を重視し、商品が国境を越えて取引されている場合は「世界市場」「東アジア市場」など国際市場でのシェアを重視して判断する方針を明記した。また市場規模が縮小傾向なら合併をしやすくする。事前相談制度も廃止し、審査期間も短くする。

 7月から新制度に移行する。公取委はすでに審査の始まっている新日本製鉄と住友金属工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報