公的年金、新興国株にも投資
2011年夏めど、給付拡大に備え

2010/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、中国、インドなど新興国市場に上場する企業の株式に投資対象を拡大する方針を固めた。2011年夏をめどに、現在は先進国企業に原則限定している外国株投資枠の資金を配分し、実際に投資を始める。年金給付額の拡大に対応するために、新興国投資のノウハウ蓄積を進める狙い。(年金積立金管理運用独立行政法人は経済面「きょうのことば」参照)

GP…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]