/

この記事は会員限定です

首相、中国に謝罪要求

レーダー照射「捏造」主張に反論

[有料会員限定]

安倍晋三首相は8日夜のBSフジ番組で、中国海軍艦船が海上自衛隊の護衛艦に火器管制レーダーを照射した問題について「中国は素直に認めて謝罪し、再発防止に努めてもらいたい」と述べた。(関連記事総合2国際1面に

中国外務省の華春瑩副報道局長は同日の記者会見で、火器管制レーダーを使用したとする日本の発表に関し「完全に捏造(ねつぞう)だ」と否定。中国国防省は談話で、使ったのは警戒用レーダーだったと説明した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン