法定利率、3年ごと見直し 民法改正案固まる 金利実勢を考慮

2014/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

法務省が2015年の通常国会に提出を予定している民法(債権分野)改正案の原案が8日、明らかになった。債務の支払いが遅れた場合に上乗せする法定利率を現行の5%から3%に引き下げ、3年ごとに1%刻みで改定する変動制を導入するのが柱だ。(関連記事総合2面に

法制審議会(法相の諮問機関)の民法部会が29日に民法改正総合2面きょうのことば)要綱原案をまとめる。債権分野の抜本改正は約120年ぶり。

法定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]