/

この記事は会員限定です

民・自幹事長 期限つき大連立に前向き

首相への退陣圧力は一段と

[有料会員限定]

民主党の岡田克也、自民党の石原伸晃両幹事長は5日、両党を中心とした期限付きの大連立政権に向けた協議にそろって前向きな姿勢を示した。両党幹部が菅直人首相辞任後をにらんだ与野党連携の具体像に言及したことで、首相に早期退陣を求める圧力は一段と強まる見通しだ。自民、公明両党は同日、首相の月内退陣を要求した。(関連記事総合・政治面に

今後の与野党協力について、民主党の岡田幹事長は5日、都内で記者団に「期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン