/

この記事は会員限定です

がん最適治療、日立・エーザイなど企業連合

遺伝子情報共有 新薬開発に活用

[有料会員限定]

がん患者一人ひとりの症状や体質に合った治療法の確立に向け、今秋から製薬会社やIT(情報技術)企業など約10社が連携した新たな取り組みが始まる。国立がん研究センターから患者の遺伝子や診療情報の提供を受け、がんの種類や薬の効き方と遺伝子との関係などを解析。結果も共有する。業種を超えた企業連合を通じ、がんの治療法の早期開発を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン