三菱重工業(上) 「総花的経営」から脱却

2014/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三菱重工業の広島製作所(広島市)が米国のシェールガス革命に沸いている。豊富なガスを使った化学プラントの建設が相次ぎ、その心臓部となる圧縮機(コンプレッサー)の受注が舞い込んでいるためだ。

エチレンを年100万トン以上生産できる「メガエチレン」。三菱重工はこの巨大設備に搭載する世界最大のコンプレッサーを製造する。日本ならではの「擦り合わせ技術」を生かした製品。今年の受注は前年比4割増の1千億円に達…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]