商船三井、北極海初の定期航路
費用3割減 まずLNGを18年から

2014/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

商船三井は北極海航路での輸送を始める。氷を砕く機能を持つ専用の輸送船を2018年から運航し、まずロシア北部からの液化天然ガス(LNG)を欧州やアジアに運ぶ。北極海の定期航路は世界で初めて。海上輸送の新ルートは日本と欧州を30日で結び、現行の南回り航路よりも10日短縮できる。運航コストは3~4割安くなる見通しだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]