/

この記事は会員限定です

トヨタ、ベア2000円台提示

日産、満額回答3500円 電機6社は1000~1500円

[有料会員限定]

トヨタ自動車は2014年の春季労使交渉で、労働組合に対し2000円台のベースアップ(ベア)を提示する方針だ。組合が求める4000円には届かないが、直近の08年のベア(1000円)の2倍を超える。日産自動車はベア、一時金とも満額回答する。日立製作所やパナソニックなど電機大手6社も1000~1500円を軸に詰めている。12日の一斉回答日に向け、大手企業を中心にベア実施に踏み切る動きが鮮明になってきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン