/

この記事は会員限定です

マンション、需要堅調

首都圏、1年ぶり高値

[有料会員限定]

マンションの需要が堅調だ。安全性や災害への備えを重視する買い手の姿勢が強まり、関東では新築物件の価格が約1年ぶりの高水準に上がった。これまでの下落で値ごろ感が出ていることや、住宅ローンの低金利が追い風になっている。消費増税をにらみ需要が上向くとの見方も多い。

不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)がまとめた8月の新築マンション価格の指数は、首都圏1都3県で141.5(1985年1月=100)と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン