接種呼びかけ中止 副作用報告の子宮頸がんワクチン
厚労省、自治体に勧告

2013/6/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

予防接種の安全性を議論する厚生労働省の検討部会は14日、4月から定期予防接種の対象に加えた子宮頸(けい)がんワクチンについて「積極的な勧奨は一時やめる」との意見をまとめた。接種後、体の複数部分に慢性的な痛みが生じる重い副作用が相次いで報告されたため。これを受け厚労省は、対象者への接種呼びかけを中止するよう自治体に勧告した。

子宮頸がんの定期予防接種は原則、小学6年から高校1年の女性が対象。これま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]