2019年2月19日(火)

野菜や大豆中心の健康型食事 「自殺リスク半減」 国際医療センターなど

2013/12/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

国立国際医療研究センターや国立がん研究センターなどは9日、野菜や大豆、海草、キノコなどを中心にした健康的な食生活をする人は、そうでない人に比べて自殺のリスクが半減するとの調査結果を発表した。

40~69歳の男女9万人を対象に約8年半かけて追跡した。

対象者に普段の食事をアンケートし、野菜や大豆などの「健康型」、肉やパンを中心とする「欧米型」、ご飯やみそ汁といった「日本食(伝統型)」3つのパターン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報