渋滞多発、震災教訓生きず 東北津波警報
徒歩で避難徹底は難しく 自治体、検証も

2012/12/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

東北地方で1年8カ月ぶりに津波警報が出された7日夕の地震では車で避難する人が相次ぎ、各地で渋滞が発生した。避難の遅れや事故につながる恐れから、国は原則として徒歩の避難を求めてきたが、昨年の東日本大震災では車で避難途中に犠牲になったケースが多発。避難方法の見直しなどを進める自治体関係者は「教訓が生きていない」と衝撃を受けている。

「帰宅途中に渋滞にはまり、津波が来たら終わりだと昨年のことが頭をよぎ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]