食べられる器、家で作る 3Dプリンター、米粉を使用 慶大など商品化めざす

2014/1/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

慶応義塾大学と工業品設計のSHC設計(神奈川県茅ケ崎市)などは、米粉を材料に食べられる食器が作れる3次元(3D)プリンターを共同開発した。紙コップや紙皿の代わりに使い省資源につなげるほか、赤ちゃん向けの玩具製造などの需要を見込む。家電メーカーに呼びかけて商品化を目指す。部品製造での利用が中心だった3Dプリンターの用途が広がりそうだ。

開発した「キッチン3Dプリンター」は片栗粉などを混ぜた米粉をノ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]