/

この記事は会員限定です

日本勢との分担崩れる

自社端末投入や日本での発売見送り

[有料会員限定]

蜜月関係にあった米マイクロソフト(MS)と日本メーカーとの間にすきま風が吹き始めた。MSはメーカーとの役割分担を破り、自らタブレット(多機能携帯端末)を投入する。海外では11月に発売される「ウィンドウズフォン8」搭載のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)は日本での発売が見送られた。MSの優先順位はアジアの成長企業に移り、日本勢の声は届きにくくなっている。

MSのタブレット「サーフェス」。日本で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン