/

この記事は会員限定です

元GM副社長のトヨタ社外取締役会見、素早い意思決定を助言

[有料会員限定]

米ゼネラル・モーターズ(GM)元副社長で、6月にトヨタ自動車の社外取締役に就任したマーク・ホーガン氏=写真=が23日、名古屋市内で記者会見した。ホーガン氏はトヨタの経営課題を「意思決定に時間がかかっていたことだ」と指摘。「グローバル社会の変化に迅速に対応できるように海外の情報や経験を(取締役会で)共有していきたい」と抱負を述べた。

ホーガン氏と豊田章男社長は、GMとトヨタの米生産合弁会社で同時期に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り229文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン