/

この記事は会員限定です

ANAHD、「787」補償航空機値引き

ボーイングと合意 現金なら課税が濃厚

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)と米ボーイングは787型機の運航停止を巡る補償交渉で合意した。ANAHDは被害の補償として、ボーイングから発注済みの航空機代金の割引を受ける。補償額は明らかにしていないが、欠航による利益減少分はほぼ補える見通し。現金で受け取ると課税対象になる公算が大きく、値引きなら減価償却費も抑えられると判断したようだ。

値引きは約40機の787型機、3機の777-300ER型機など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン