/

この記事は会員限定です

中国進出企業調査 地元勢との競争に警戒感

政策「外資の不利に」6割

[有料会員限定]

日本経済新聞が実施した中国進出企業アンケートでは、中国事業を成長の柱とする姿勢が改めて鮮明になった。一方で人件費などのコスト上昇は2011年も続く見込み。中国の政策が今後「外資に不利になる」との予想も6割に達し、事業展開上のリスクでは「現地企業との競争」が2位となった。環境が急変するなか、中国事業の運営戦略が問われている。

1面参照)

中国では12月1日からこれまで中国企業だけに課していた「都市維...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン