/

この記事は会員限定です

川重、三井造船との統合白紙に 社長を解任

後任に村山氏が昇格

[有料会員限定]

川崎重工業は13日、臨時取締役会を開いて長谷川聡社長(65)を解任し、三井造船との経営統合交渉の打ち切りを決めたと発表した。同日付で社長に村山滋常務(63)が昇格した。26日の株主総会を直前にした異例のトップ解任について、記者会見した村山氏は「取締役会を軽視する行動があり、これ以上、業務執行体制の中核を担わせることはできない」と説明した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン