/

この記事は会員限定です

三菱商事・シェル・中国大手など、北米産LNGをアジアへ

合弁、事業費1兆円

[有料会員限定]

三菱商事と英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル、中国石油天然気集団(CNPC)、韓国ガス公社の4社はカナダ西海岸で液化天然ガス(LNG)の合弁生産に乗り出すことで最終調整に入った。4社が同国内で開発するガスを集めて液化し、2020年にも日本などに供給する。年産規模は1200万トンで総事業費は1兆円超。発電用燃料の需要国である日中韓の大手と国際石油資本(メジャー)が連携し、需要が伸びるアジア向けLNGの安定供給体制を築く。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません