/

この記事は会員限定です

女性宮家創設、議論これから

皇室典範改正が必要

[有料会員限定]

藤村修官房長官は25日、「女性宮家」創設の検討に言及した。現在8人いる未婚の女性皇族が婚姻によって次々に皇籍を離脱する可能性があることが発言の背景にある。天皇の公的な活動を支える皇族が少なくなれば、皇室活動にも影響が出る恐れもある。

ただ、女性宮家創設には皇室典範の改正が必要。皇室の構成が大きく変わるうえ、皇位継承のあり方にも影響を与える可能性があり、賛否両論の議論が噴出しそうだ。

「宮家」は結婚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン